Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください

Windows 11 で実現するハイブリットワーク 4つのポイント

ポイント1 生産性

シンプルで使いやすいユーザーエクスペリエンスで、働く人の生産性と集中力をサポート

  • スナップレイアウトによるシンプルな情報整理とウィジェットを使った情報のパーソナライズが従業員の認知過負荷を軽減します。
  • Microsoft Edge は Windows 11 で最も高速に動作する Webブラウザーです。
  • ペン・ボイス・タッチという人間のナチュラルな操作をサポートします※。
  • 追加費用なく利用できる RPA(Robotic Process Automation)の  Power Automate Desktop を利用することにより、Windows 11  デスクトップで、典型的な作業を自動化できます。

※対応するハードウェアが必要です。

ポイント2 コラボレーション

Microsoft Teams※ が統合されたことにより、スマートなコラボレーションが可能に

  • Microsoft Teams※を通じてスムーズにオンライン会議に参加することで生産性の向上を支援します。
  • AIによるノイズ抑制と背景ぼかしで、周囲の雑音や部屋の様子を気にせずに会議に集中できます。

※フル機能をお使いいただくためには Microsoft Teams のライセンスが別途必要になります

ポイント3 一貫性

アプリの互換性やクラウドベースの管理機能で、容易な移行や導入

  • Windows 10 で動作するアプリは Windows 11 でも動作するように設計されており、さらにその互換性を App Assure プログラムが支援しているので、自信を持って移行していただけます。
  • 使い慣れた展開ツールとプロセスが搭載されています。
  • Microsoft Endpoint Manager によるクラウド管理で移行と導入をサポートします。
  • 強化されたゼロタッチ展開が可能です。

ポイント4 安全性

データを保護し、どこからでも安全にアクセスできる「ゼロトラスト」の整備

  • 強力なセキュリティ機能 ーハードウェアベースの隔離、暗号化、マルウェアに対する対策が内蔵されています。
  • Windows Hello for Business※ が強化されたことで、パスワードレスのセキュリティが適用できるようになります。
  • 多要素認証とセキュアなデバイス属性の組み合わせによるゼロトラストセキュリティが、法人のIDとデータを保護します。
  • その組織向けに最適化されたアプリとアクセス権をクラウドで構成し、Windows 11 デバイスを保護します。

※Windows Hello の場合、生体認証に特化したハードウェアである指紋リーダー、照光式 IR センサー、またはその他の生体認証センサーが必要です。

Windows 11 搭載 おすすめのPC

最新Office 3つの特徴

3つの特徴

効率的な進捗管理と整理

Office 2021 を使えば、メール、予定、連絡先やタスクをまとめて効率的に管理することができます。会議や業務の締め切りに加えて、家族との時間の管理も簡単です。「最近使ったファイル」で必要なデータを簡単に見つけてメールに添付したり、予定を色付けして優先順位を分かりやすくしたりすることで、生産性を高めることができます。

シームレスな共同作業

Office 2021 でビジネスを前進させましょう。ファイルを簡単に共有したり、他の人がファイル編集やメンションをしたときに通知を受けたり、変更点を素早く把握することができます※。新しい自動保存機能※によって作業内容が失われることもありません。また、コラボレーションツールと Microsoft Teams を使えば、どこにいてもリアルタイムに会議や共同作業をすることができます。

※OneDrive に保存されたドキュメントを共有する必要があります。

プロフェッショナルな分析と制作

情報の変更に応じて自動的にデータが更新される数式を使えば、素早くエクセルシートを作成できます。アイコンやアニメーション GIF などの新しい画像素材で、魅力的なプレゼンテーションを作成でき、描画ツールを使えばタッチおよびペン対応デバイスでのコンテンツの書き込み、選択、移動がより簡単に行えます。アプリがコンピュータにインストールされているので、オフラインでも作業を続けることができ、いつでも簡単に素早く仕事に取り掛かることができます。

法人様向け マイクロソフト製品

\ドスパラプラスなら、ハードもソフトも一緒に揃う!/

ドスパラプラスでは、Office2021を取り扱っております。
各製品ページから搭載可能なオフィスソフトをご確認の上、製品のお問合せフォームからお問合せください。

①各製品ページの『カスタマイズ可能な部品』タブから、搭載可能なオフィスソフトをご確認ください。

②同製品ページ内の「この商品について見積・問い合わせする」ボタンよりフォームに進み、備考欄にご希望のオフィスソフトをご記載ください。
※画像はイメージです。

また、マイクロソフトのオフィス製品にはサブスクリプションもあります。
企業規模別におすすめのMicrosoft 365 / Office 365もお求めやすくご購入いただけます。

中小企業向け

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Apps for Business

大企業向け

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Microsoft 365 Apps for Enterprise

Windows 11 に関するFAQ

Windows 11 へのアップデートには費用がかかりますか?

無償でご利用いただけます。ただし、最新バージョンのWindows 10 を搭載し、アップグレードに必要なシステム要件を満たしているPCのみです。Windows 10 の最新の更新プログラムは、「設定/Windows Update」で確認できます。

最小要件を満たさない PC でもアップグレードできますか?

システムの最小要件を満たさないPCには、Windows 11 をインストールできません。システムの最小要件については以下をご覧ください。

システムの最小要件

  • プロセッサ:1 ギガヘルツ(GHz)以上で 2 コア以上の64 ビット 互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
  • メモリ:4 GB RAM
  • ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
  • システムファームウェア:UEFI 、セキュア ブート対
  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)バージョン 2.0
  • グラフィックスカード:DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
  • ディスプレイ:9インチ以上、HD解像度(720p)
  • インターネット接続:Windows 11 Home Edition のセットアップにはMicrosoft アカウントとインタ ーネット接続が必要です。
  • 「PC 正常性チェック 」アプリが再開されると、現在お使いのWindows 10 PC が要件を満たしているかどうかわかります。
Windows 10 はいつまで使い続けることができますか?

2025 年 10 月 14 日までサポートいたします。それまでは安心してお使いいただけます。

Windows 11 は Windows 10 よりディスク領域を消費しますか?

いいえ、Windows 11 と Windows 10 では、必要なディスク領域はほぼ同じです。しかし、アップグレードの過程で、余分な領域が必要となります。この余分なディスク領域は、アップグレードが完了してから約10 日後にクリーンアップされます。

アップグレードすると、 PC 内のファイルはどうなるのでしょうか?

既定のエクスペリエンスでは、ファイルとデータはインストールと共に移行されますが、万一に備えてバックアップをお勧めします。 OneDrive と同期している場合、追加の操作は不要な可能性もあります。

Windows 10 アプリはすべて問題なく使えますか?

Windows 11 はアプリの互換性を念頭において構築されているため、Windows 10 で動作する99.7%のアプリとデバイスにおいて互換性があります。 Windows 7/8.1 にも対応できるよう努めています。問題があった場合は、App Assure プログラムで支援します。

Windows 10 より Windows 11 がすぐれている点は何でしょう。

Windows 11 は、ハイブリッド環境の課題に対応するための新しい生産性機能が備わっています。情報整理が簡単なうえ、シンプルかつ使いやすい設定で、ストレスを軽減しながらより多くの作業が可能となります。

Windows 11 の OS 動作はどれだけ軽いですか?

お客さまのデバイスのハードウェア仕様によってパフォーマンスは異なりますが、より高速にバッテリー効率がよくなり、複数のものを並べて実行するマルチタスク機能が向上しました。

タッチ機能の有効性は向上しましたか?

はい、強化されています。タスクバーのアイコンとアイコンの間に広いスペースを確保し、タッチターゲットを大きくしました。キーボードのないタブレットの場合でも、ウィンドウのサイズ変更や移動をスムーズに行える視覚的手がかりやジェスチャなどを追加しています。

購入のご相談・各種お問い合わせ

パソコン購入の悩み

お見積りの作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。

専門用語等の知識は必要ありませんので、何なりとお問い合わせ・ご相談くださいませ。
※ご購入の前後でお問い合わせ連絡窓口が異なりますのでご注意ください。

ご購入前

購入・お見積り等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

その他のご相談方法はこちら

お問い合わせ総合案内ページが開きます

ご購入後

サポートのご相談、修理のご依頼

お急ぎの方、直接相談したい方

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談