Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
キャンペーン キャンペーン

CG映像とは?活用場面や必要なツールとスキル、おすすめPCも紹介!

アイキャッチ画像.jpegビジネスにおいてCG映像はさまざまな場面で活用できます。しかし、制作には知識や技術が必要とされ、なかなか制作に踏み切れない企業も多いでしょう。そこで、この記事ではCG映像の基本知識から高品質なCG映像を制作するポイントまで解説し、おすすめのCG制作ソフトやPCもご紹介します。映像の効果を最大限に生かしたい方、CG映像の制作に興味がある方におすすめの内容です。

目次

目次
1.CG映像とは 1-1.コンピュータを用いて制作された映像のこと 1-2.実写との組み合わせによりリアルで迫力のあるシーンを生み出せる 1-3.CGの種類 1-4.CG技術の未来と映像業界への影響 2.CG映像を活用するメリット 2-1.映像制作のコストを削減できる 2-2.現実では難しいシーンを映像で再現できる 2-3.光の調整や色味の修正ができる 2-4.不要な要素を排除でき、適度なリアリティを保てる 3.CG映像をビジネスで活用できる場面 3-1.事業の紹介動画 3-2.商品のプロモーション動画 3-3.採用のコンセプトムービー 4.CG映像の制作に必要なツール 4-1.PC 4-2.CG制作ソフト 4-3.画像・動画編集ソフト 5.CG映像の制作に必要なスキル 5-1.ツールを扱う能力 5-2.デッサン力 5-3.発想力と想像力 5-4.コミュニケーション能力 6.CG映像を制作する手順 6-1. 1. アイデアを練る 6-2. 2. デザインを構築する 6-3. 3. アニメーションを制作する 6-4. 4. レンダリングする 6-5. 5. エフェクトや音声、効果音を追加する 6-6. 6. 最終編集や修正を行い、完成させる 7.高品質なCG映像を制作するポイント 7-1.映像の効果を高めるBGMや効果音 7-2.伝えたいメッセージとストーリー設計 7-3.明確な目的とターゲットの設定 7-4.魅力的なキャラクター 7-5.十分なリソースの確保 7-6.違和感のない動き 8.CG制作におすすめのソフト4選 8-1.Maya 8-2.Adobe After Effects 8-3.Blender 8-4.Harmony22 9.3DCG映像の制作におすすめのPC 9-1.GALLERIA ZL9C-R47-C7 9-2.raytrek TPX47 9-3.raytrek 4CE46i 9-4.raytrek ILCA-PC4090 10.まとめ

CG映像とは

「CG」という言葉は一般的になっていますが、具体的にどのような技術なのかを説明するのは難しいものです。ここでは、映画やテレビ番組、ゲームなどのさまざまなメディアで利用されているCG映像について解説します。

コンピュータを用いて制作された映像のこと

CGとは「Computer Graphics(コンピュータグラフィックス)」の略称で、コンピュータを用いて制作された図や映像のことです。従来の映像は、カメラを使った実写映像が一般的でしたが、CG技術の発展にともない、現在ではさまざまな分野でCGが用いられるようになりました。

実写との組み合わせによりリアルで迫力のあるシーンを生み出せる

CGと聞くと、すべてがCGで作られた映像を思い浮かべるかもしれません。しかし、現代の映像制作では、実写とCGを組み合わせて使うことが一般的です。この技術により、アクション映画などで実写とCGの境界が感じられないほどのリアルで迫力のあるシーンが生み出されています。

CGの種類

CGには「2DCG」と「3DCG」の2種類があります。ここでは、CGの種類についてそれぞれを詳しく解説します。

2DCG

2DCGとは、「Two-dimensional Computer Graphics(2次元コンピュータグラフィックス)」の略で、平面的な映像を制作する技術のことです。2DCGは映像が平面上に見えるため、奥行きが感じにくく、よくアニメの映像で見られるようなシンプルな表現が特徴となっています。

制作過程では、実際に紙に描かれたイラストをスキャンしてデジタル化する方法や、コンピュータを使用して直接画像を描く方法があります。

3DCG

3DCGとは「Three-Dimensional Computer Graphics(3次元コンピュータグラフィックス)」の略で、コンピュータで制作された仮想空間に人物や物体を立体的に配置し、縦×横×高さの概念を持たせる技術のことです。これにより、奥行きが感じられる映像を生み出すことができ、まるでフィギュアを動かして撮影したかのような表現が可能となります。

この技術は、特に動画で奥行きを強調したい場面で効果的に用いられます。ただし、3DCGも画面から飛び出すわけではないため、場合によっては2DCGと見分けがつかないこともあります。それでも、立体感を与えることで、視覚的な深みを増しているのが大きな特徴です。

CG技術の未来と映像業界への影響

デジタル技術の進化にともない、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など、新しいメディアのかたちが注目されています。特にVRは、専用のゴーグルを通して、実際に異なる空間にいるかのような没入感を体験できます。例えば、建物の完成イメージを作る際にも全方位から見られるようにするため、3DCGで多くのグラフィックが必要とされます。

また、メタバースなどの仮想空間では、リアルで表現豊かな3DCGが求められており、この技術に対する期待が高まっています。映像業界では、4Kや8Kへの移行が進み、CGコンテンツの高解像度化が進む中で、よりリアルなCGの迅速な生成が必要とされています。

このように、CG技術は現在も未来も、映像表現の質を高めるために欠かせないものとなっており、技術の発展によりさらなる進化が期待されています。

CG映像を活用するメリット

_H2_ CG映像を活用するメリット.jpegCG映像の制作には時間や人手、費用などがかかりますが、CG映像を活用することで、実写にはないさまざまなメリットが得られます。ここでは、CG映像を活用するメリットについて解説します。

映像制作のコストを削減できる

映像制作では、コスト管理が非常に重要です。特に、空や水の中などでの撮影には多くの手間と費用がかかります。また、危険をともなう場所での撮影では、安全対策を含めた多くの準備が必要で、撮影しても思い通りの映像にならないこともあります。

しかし、CGを使用することで、シーンの構図や雰囲気を自由に調整できるため、撮り直しが不要で映像制作のコスト削減が可能になります。

現実では難しいシーンを映像で再現できる

CGによって、実写撮影が難しい映像や現実では起きないような映像、架空の世界などもリアリティあるかたちで映像化できます。具体的には、地中の様子や建物が浮くシーン、映画の『アバター』のような映像などを再現することが可能です。実写だけでは再現が難しいシーンをCG映像で表現することは、創作の自由度を大きく広げるだけでなく、想像をかたちにすることにも役立ちます。

光の調整や色味の修正ができる

CGを使うことで、実写では難しい光の調整や色味の修正が簡単にできます。例えば、屋外での撮影を計画する際、実写ではその日の天候や光の条件に左右され、理想的な映像が撮れないことや撮影を中止しなければならないこともあるでしょう。

CGでは、こうした撮影時の不確定要素の影響を大幅に減らせるため、結果的にコストの節約にもつながります。さらに、撮影のコンセプトに変更が必要になった場合にも、CGならば実写に比べて迅速かつ柔軟な対応が可能になります。

不要な要素を排除でき、適度なリアリティを保てる

CG映像では、不要な要素を排除できます。例えば、実写ではシーンに不要なものが映り込むリスクがありますが、CGではその心配がなく、必要な要素のみを描くことが可能です。これにより、不要なものを取り除くための編集作業やコストを削減できます。

また、実写では現実感が強すぎて問題となるシーンでも、CGを使用することで適度なリアリティを保ちながら、視覚的な表現を調整できます。

CG映像をビジネスで活用できる場面

CG映像は映画やアニメなどのコンテンツだけでなく、ビジネスでも活用できます。ここでは、CG映像をビジネスで活用できる場面について解説します。

事業の紹介動画

CG映像を活用できる場面の1つ目は、事業の紹介動画です。例えば、天気のニュースを扱う企業が、気象や海象などの自然現象に関するデータの収集、分析、提供の技術力とグローバルな取り組みをPRするためにCG映像が使われています。洋上風力発電の映像で始まり、エネルギー採掘や異常気象の分析、カスタマイズされた気象予報を通じて、データベースがどのように活用されているかを説明しています。

商品のプロモーション動画

CG映像を活用できる場面の2つ目は、商品のプロモーション動画です。例えば、熱中症対策に特化した帽子を開発した企業が、その特徴を詳しく伝えるために、発売前のプロモーションでCG映像を使用しています。映像では、CG技術を用いて通常は見ることができない帽子内の空気の流れや熱の動きを立体的に表現しています。視覚的にわかりやすくすることで、製品の革新的な特徴を際立たせて期待感を高められます。

採用のコンセプトムービー

CG映像を活用できる場面の3つ目は、採用のコンセプトムービーです。例えば、IT企業が新たにデジタル人材を募集するためにCG映像を使っています。映像では、最初に科学技術が社会をどのように向上させてきたかを紹介し、続いて実写とCGを組み合わせてデジタル技術が生み出す新しい豊かな社会をリアルに表現しています。文字情報を抑えることで、視覚的な印象を通じて仕事内容や企業のビジョンを強く伝える内容となっています。

CG映像の制作に必要なツール

CG映像を制作する際、PCや専用のツールが必要になります。ここでは、CG映像の制作に必要なツールについて解説します。

PC

CG映像の制作を行う際は、適切なスペックのPCが必要です。特に3DCGのソフトをスムーズに動かすためには、高い性能が求められます。一般的な業務用PCでも基本的な要件は満たせますが、ほかの編集ソフトを同時に使用する場合はさらに高いスペックが必要となります。

3DCG業務を行うPCの推奨スペックは下記の表のとおりです。

OS Windows 10(64bit)以上
CPU Intel® Core™ i5以上
グラフィックボード NVIDIA RTX™ A2000以上、NVIDIA® GeForce GTX 1070以上
メモリ 最低16GB以上(ほかソフトの併用や使用ソフトの推奨スペックによっては32GB以上)
ストレージ 500GB以上のSSD 

これらのスペックを満たすことで、3DCGの制作作業を快適に進められます。また、3DCGの制作におすすめのPCについても後述するため、ぜひ最後までご覧ください。

CG制作ソフト

CG制作には専用のソフトが必須です。業界で広く使用されている主要なソフトには、「Maya」と「3ds MAX」があります。MayaはWindowsとMacの両方で利用可能で、映画やゲーム業界などで採用されています。3ds MAXは主に建設業界で使用されており、CADソフトとの連携が可能です。

無料で利用できる3DCGソフトとして「Blender」がありますが、その操作感やユーザーインターフェースは独特で、使いこなすにはある程度の慣れが必要です。BlenderはMayaや3ds MAXと比較してサポート体制が劣るため、業界のスタンダードとはいえませんが、趣味としてCG制作を楽しむ場合は十分でしょう。

どのソフトを選ぶかは、制作したいコンテンツや進みたいキャリアパスによって異なります。目指す分野に応じて、最適なソフトを選択しましょう。

MayaとBlenderの推奨スペックやおすすめのPCを知りたい場合は、「Mayaの推奨スペックとは?動作環境とおすすめPC7選を紹介」や「Blenderの推奨スペックは?おすすめPC15選を紹介」の記事をご覧ください。

画像・動画編集ソフト

3DCGの映像制作には、3DCGソフトだけでなく、画像や動画を編集するためのソフトも必要とされます。

画像編集ソフトは、主に2DのCG素材を制作する際に活用され、主なソフトには「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」「Adobe Substance 3D Painter」などがあります。また、3DCGの制作にも使用できますが、専用の3Dソフトのほうが機能性は高いでしょう。CG制作で作り出されたイメージに色や質感を追加する際には、テクスチャを制作できる画像編集ソフトが必要です。

動画編集ソフトは、音入れやエフェクトの追加、動画の書き出しなどで必要になります。CGで制作されたオブジェクトやキャラクターを映像化する場合はAdobe After Effectsのような動画編集ソフトを推奨します。

このように、画像・動画編集ソフトを適切に組み合わせることが、クオリティの高い作品を作るうえで必要となります。

CG映像の制作に必要なスキル

CG映像の制作には、ツールを扱うスキルだけでなく、制作者自身にもスキルが必要です。ここでは、CG映像の制作に必要なスキルについて解説します。

ツールを扱う能力

CG映像の制作ではCG制作ソフトや画像・動画編集ソフトなどを使用するため、ツールを扱える能力は重要です。ツールを効率よく使いこなすことで、意図した映像や素材を制作できます。

また、基本的なデザイン理論を理解していると、各種グラフィックツールを柔軟に活用でき、作業の効率化や質の高い映像の制作が可能になります。

デッサン力

デッサン力とは、物体の形状や質感を正確に描き出す能力を指します。具体的には、対象の全体像を捉えて光の影響や素材の質感を多角的に理解することが求められます。

グラフィックツールを使えるだけでは不十分で、モデリングや配置、テクスチャの設定、ライティングなど、細部にわたる作業を正確に実行するためには、優れた観察力とデッサン力が必要です、これらのスキルが組み合わさることで、魅力的なCGデザインが作り出されます。

発想力と想像力

発想力と想像力があることで、魅力的な表現や独創的な演出が可能になります。CG映像制作には、視聴者に感動を与える作品を生み出すために、さまざまな発想でアイデアを出し、それをかたちにする技術が求められます。

また、CGのデザインがどのように視聴者に受け止められるかを想像する力も重要です。感動的な作品を作るためには、対象の性質や背景を理解し、それをどう表現するかをよく考える必要があります。想像には広い視野で物事を捉える能力が問われるため、さまざまな芸術や美術に触れることで感性や想像力が磨かれるでしょう。

コミュニケーション能力

CG映像の制作は、企画段階から完成に至るまでに多くのスタッフと協働します。そのため、デザイナーやエンジニアとの連携をスムーズに行うコミュニケーション能力が求められます。

特に、複数のCGデザイナーがひとつのチームとして作業を進めることが多く、報告や連絡、相談の徹底によってチームワークを円滑に行えます。また、クライアントと話す際にビジネスマナーを守ることも重要です。このように、CG映像の制作は技術的なスキルだけでなく、コミュニケーション能力も同様に必要となります。

CG映像を制作する手順

_H2_ CG映像を制作する手順.jpeg

CG映像を制作する手順はプロジェクトの大きさやクライアントによって違いがありますが、基本的な手順は存在します。ここでは、CG映像を制作する手順について解説します。

1. アイデアを練る

CG映像制作の初段階では、まずはプロジェクトのアイデアを練ります。この段階では、脚本やストーリーボードを作成し、映像の内容を具体化します。

また、クライアントからの依頼の場合、期待に応えるためには要望を深く理解することが重要です。事前調整を丁寧に行い、最終的な映像がクライアントの求めるものと相違がないよう、細部にわたって合意形成を図ります。これにより、不必要な手戻りを避け、効率的に作業を進められるでしょう。

2. デザインを構築する

デザインの段階では、キャラクターや背景を作成します。2Dの場合はイラストソフト、3Dの場合はモデリングソフトを使用して、三面図をもとにモデルを構築します。また、テクスチャで肌や髪、筋肉の質感を再現し、作品に深みとリアリティを加えます。

3. アニメーションを制作する

3Dアニメーションでは、キャラクターに骨格(ボーン)を設定し、各フレームで微細な変更を加えることにより、自然な動きを再現します。よりリアルなアニメーションにする場合は、モーションキャプチャシステムを利用することで、現実に近い動きを取り入れられます。また、背景や光と影の表現で作品全体の雰囲気を高めることが大切です。

4. レンダリングする

レンダリングとは、計算からCG映像を生成することを指し、この過程でアニメーションが映像ファイルへと変換されます。ただし、高品質な映像を制作する場合はレンダリングに時間がかかるでしょう。

5. エフェクトや音声、効果音を追加する

この段階では、映像に沿ってエフェクトや音声を追加します。具体的には、爆発や液体、発光などのエフェクトを追加し、キャラクターに声をあてる作業を行います。また、BGMや効果音をキャラクターのアクションと合わせることで、自然なシーンを作り上げます。

6. 最終編集や修正を行い、完成させる

最終段階では、シーンの順序を調整し、タイトルや字幕を加えて作品を完成させます。完成後には関係者による確認と修正が行われ、最終的に視聴者のもとにCG映像が届けられます。一般的には、この段階に達してから手戻りがあることが多いです。そのため、CG映像制作では、忍耐力と優れたコミュニケーション能力が必要とされます。

高品質なCG映像を制作するポイント

高品質なCG映像を制作するためには、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、高品質なCG映像を制作するポイントについて解説します。

映像の効果を高めるBGMや効果音

CG映像の適切なBGMと効果音は、映像の魅力を大きく高めます。具体的には、緊張感のあるシーンではドキドキするようなBGMや、アクションシーンでは迫力のある効果音などが求められます。そのため、各シーンに合ったBGMや効果音の選定は非常に重要です。

伝えたいメッセージとストーリー設計

CG映像・実写映画ともに、映像制作で重要となるのは伝えたいメッセージとストーリーの設計です。視聴者にどのような感情を抱かせたいのか、どのような行動変化を促したいのかを明確にすることが脚本作りの基本となります。

ストーリーを一度決定した後の変更は、CG制作の方向性にも影響を及ぼすため、余計な手間やリスクを避ける意味でも事前のストーリー設計は非常に重要です。

明確な目的とターゲットの設定

映像制作では、明確な目的とターゲットを設定し、その方向性に沿って軸を定めます。例えば、製品のプロモーションを行う場合、製品の特徴や使う場面などを魅力的に描写する必要があります。特に、若年層をターゲットに設定している場合は、若い世代になじみのある表現で制作することが大切です。

魅力的なキャラクター

CG映像において、魅力的なキャラクターは視聴者の深い共感を引き出し、物語の没入感を高めます。なじみのあるキャラクターを再現するのではなく、オリジナリティのあるキャラクターがストーリーの魅力を引き上げます。

キャラクターの個性は動きや服装、テクスチャの質感など、さまざまな要素が組み合わさって形成されます。そのため、モデリングを開始する前のラフ設計の段階から細部にまでこだわることが重要です。

十分なリソースの確保

高品質なCG映像を作るためには、プロジェクトに十分なリソースを確保することが重要です。特に、予算や時間の面で余裕を持つことで、目指すクオリティに達成しやすくなります。リソースが限られている場合、表現の幅が制限されることや、細部にこだわる時間が不足することがあるため、このことを考慮して制作を行いましょう。

違和感のない動き

視聴者は不自然な動きで違和感があると、マイナスな印象を受けることがあります。そのため、人間の関節や体の動きをよく観察し、そのリアルさをCGで再現することが大切です。アニメーションに自然な動きを取り入れることで、視聴者が映像に没入しやすくなります。

CG制作におすすめのソフト4選

CG制作には高品質な映像を制作できるおすすめのソフトがあります。ここでは、CG制作におすすめのソフトを4つご紹介します。

Maya

Maya(外部サイト)」は、プロフェッショナル向けの3DCG制作ソフトで、リアリティのあるエフェクトや魅力的なキャラクターを作れます。直感的なモデリングツールや正確なシミュレーションを利用して、布のようなテクスチャーや爆発などのエフェクトも作成できます。また、幅広いアニメーションの機能を提供し、高い柔軟性と汎用性でさまざまなプロジェクトに対応可能です。

Adobe After Effects

Adobe After Effects(外部サイト)」は、テキストやグラフィックに動きを加えることや、炎や雨などのエフェクトをシーンに追加するなどで、リアリティのあるCG映像を作成できます。また、3Dモデルをインポートすることで3DCGの制作も可能です。

Blender

Blender(外部サイト)」は、無料で使える3DCG制作ソフトで、豊富な機能からデザイナーやエンジニアなどのさまざまなユーザーが活用しています。幅広い用途に対応しており、モデリングやVFX、ストーリーアートなども制作できます。

また、Pythonのスクリプティングでインターフェースのレイアウトや色、サイズ、フォントも調整可能です。コミュニティによって開発された数百とあるアドオンの利用や、自分自身でもアドオンを作成できます。

Harmony22

Harmony22(外部サイト)」は、2Dアニメ制作に特化したソフトです。高性能な描画エンジンにより、ベクターやビットマップなどの豊富なスタイルで描画が可能です。筆圧や傾きの調整が可能なダイナミックブラシや、無制限で配置できるスウォッチにより、表現の幅が広がります。また、3D素材との統合やサウンドとアニメーションの同期機能なども充実しており、さまざまな2Dアニメ制作に対応する優れたソフトとなっています。

CG制作におすすめのソフト4選

前述したように、3DCG映像の制作には推奨スペックが備わっているPCが必要です。ここでは、3DCG映像の制作におすすめのPCを4製品ご紹介します。

GALLERIA ZL9C-R47-C7

GALLERIA ZL9C-R47-C7は、17.3インチの4K UHDディスプレイを備えており、高解像度のコンテンツ制作に最適です。AdobeRGB規格に準拠した液晶パネルを採用し、Adobe® Creative Cloud®の推奨スペックを満たしているため、イラストレーションや動画編集などのさまざまな制作作業を快適に行えます。

高速なGen4 NVMe SSDや大容量のDDR5メモリを搭載しており、複数アプリケーションの同時使用もスムーズです。さらに、効率的な冷却システムと最上位クラスのCPU、Intel® Core™ i9-14900HXにより、安定した高性能を維持します。

raytrek TPX47

raytrek TPX47は、CPUにIntel®Core i7を採用し、各種アプリケーションをストレスなく処理する優れたPCです。動画や画像の編集も可能な16GBのメモリの搭載に加えて、SSDで高速な起動速度とデータ転送を実現します。また、120mmの大型ファンによる優れた冷却性能で、機器の過熱による性能低下を防ぎます。光学ドライブやさまざまなストレージオプションへの対応も魅力のひとつです。

raytrek 4CE46i

raytrek 4CE46iは3DCG制作に最適なPCとして、優れた性能と使い勝手を兼ね備えています。最新パーツを搭載し、高いパフォーマンスを発揮できるため、重たいクリエイティブな作業もスムーズに行えます。また、カスタマイズ性も高く、ニーズに合った拡張が可能です。使いやすさを追求したインターフェース設計で、デスクの上や足元の設置でも快適に動作します。

raytrek ILCA-PC4090

raytrek ILCA-PC4090は、最新のパーツを搭載し、動画編集やCG制作などの高負荷な作業を快適に行えます。デザインは直線と曲線を組み合わせ、シルバーとブラックのツートンカラーで仕上げられており、クリエイティブな空間になじみます。また、大型のパーツを支えてグラフィックボードを守るためのVGAステイも装備されています。

まとめ

この記事では、CG映像についての概要やメリット、ビジネスで活用できる場面について解説し、CG映像制作におすすめのソフトやPCをご紹介しました。CG映像の制作にはPCやCG制作ソフトなどのツールから、デッサン力やコミュニケーション能力などのスキルも必要になります。高品質なCG映像を制作したい方は、ぜひ記事内でご紹介したソフトやPCをご利用ください。

おすすめ商品

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム














お問い合わせ 見積り履歴