Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
バナー バナー

3DCG業務を快適にこなせる業務用パソコンの選び方とは?

3DCGに関係する業務にはハイスペックなパソコンが必要だとわかっていても、具体的にどうやって選べばよいのか、最適な判断が難しいものです。記事では、3DCG業務パソコンの選び方を解説します。必要なスペックやコスト感簡単に選べるようにしておりますので、ぜひ3DCG業務用パソコン選びの参考にしてください。 

目次

3DCG業務用パソコンとは? 通常のパソコンとの違いは?

結論を先に述べると、3DCG業務の専用のパソコンは存在しません。通常のパソコンでも3DCGソフトウェアをダウンロードすれば3DCG業務が可能です。ただし効率良く作業するためには、通常の事務作業で使用するパソコンよりも高いスペックが求められます。 

3DCG業務には専用ソフトウェアが必要

3DCGを作成するためには3DCGに特化したソフトウェアが必要です。無料でインストールできるものもありますが、業務用であれば高機能・多機能なものが多い有料のソフトウェアが望ましいでしょう。代表的な3DCG用ソフトウェアは以下の通りです。 

【代表的な3DCGソフトウェア】

  • MAYA
  • Blender
  • ZBRush
  • LightWave

3DCG用ソフトウェアには「最低限の動作システム」が存在する

基本的にはパソコンに3DCG用のソフトウェアをダウンロードすれば、3DCGを作成できます。ただし各ソフトウェアが最低限の動作システムを定義しています。インストールするためには、以下の条件をクリアしておきましょう。以下に代表的な3DCGソフトウェアの動作システムを記載しておきます。 

ソフトウェア名  OS CPU グラフィックボード メモリ ストレージ ツール
MAYA2022  Windows 10  IntelもしくはAMDのマルチコアプロセッサ

NVIDIA Quadro RTXシリーズ/GeForceRTXGTXシリーズ、RadeonR9シリーズなど ※詳細は公式サイト(外部)を参照ください 

最低8GB/推奨16GB以上  インストールのみで6GB 3ボタンマウス
ZBRush

Windows 7/

Windows 8/8.1

Windows 10(64bit)/

Windows 11 

Intel Core 2以上またはAMDの同等製品  高性能なグラフィックボードは不要

最低4GB/数億ポリゴンを越える場合は16GB以上 

8GB以上 ワコムもしくはワコム互換のペンタブレット 
LightWave

Windows10 (64bit)

Intel Core 2以上またはAMD64  GeForce9シリーズ以上またはRadeonHD4000シリーズ以上  最小4GB  インストールのみで3GB   

Windowsパソコンを想定 ※情報は全て2022年8月現在

3DCG用ソフトは様々な動画編集用ソフトと併用される

3DCGを作成する作業に従事している方のほとんどが動画編集ソフトやアニメーション作成ソフトを使用しています。多くのクリエイターに愛用されているのがAfterEffectsPremiere Proです。両ソフトの推奨仕様がこちらです。 

ソフトウェア名  OS CPU グラフィックボード メモリ ストレージ
AfterEffects Windows10(64bit) Intel/AMDのクアッドコア以上。マルチフレームレンダリング8コア以上  最低2GB以上のビデオメモリ/推奨4GB以上 最低16GB/32GB以上推奨 最低15GB/推奨64GB以上
Premiere Pro Windows10(64bit)

最低限Intel6世代以降/AMDRyzen1000シリーズ以降

推奨はIntel7世代/AMDRyzen3000以降 

最低2GB/HD・4Kメディアは4GB/4Kを越える場合は6GB以上 最低8GB/HDメディアは16GB/4K以上は32GB以上 最低8GBHDD/推奨SSD

いずれのソフトウェアも必要最低限のスペックは、3DCGソフトウェアと同等、もしくはさらにハイスペックです。 

効率良く3DCG業務を行うための推奨スペック

3DCG用ソフトウェアの最大動作環境は、業務用パソコンであれば、ほぼクリアしているといるかと思います。ただし効率良く業務を遂行するためには、プラスアルファのスペックが必要です。またAfter EffectsPremiere Proのなどのソフトを併用することを考慮してスペックを決定しなければなりません。そこで3DCG作業を総合的に快適に行うために必要なスペックを検討しました。 

ソフトウェアによって、推奨のスペックは異なりますが、概ね以下のスペックを満たしておけば作業が快適になるといえます。 

3DCG業務用パソコンの推奨スペック
OS Windows 10(64bit)
CPU Intel Core i5/i7以上
グラフィックボード 最低16GB以上/他のソフトを併用するなら32GB
メモリ Quadro2000以上/GeForce1070以上 
ストレージ 500GB以上のSSD 

3DCG作業をするならノートパソコンとデスクトップどちらが良い?

3DCG作業を行うパソコンは、ノートパソコン、デスクトップのいずれでも可能です。ただしそれぞれのパソコンにメリット・デメリットがあります。それぞれを比較して業務にフィットするパソコンを選びましょう。 

ノートパソコンで3DCG関連業務を行うメリット・デメリット

ノートパソコンのメリット:持ち運びやすく、場所を問わず同じ環境で作業できる

ノートパソコンのメリットは持ち運びやすさです。会社のデスクのみならず、出先や自宅でも会社と同様の環境で作業できます。

ノートパソコンのデメリット:ディスプレイが小さく作業効率が落ちる」

ノートパソコンのデメリットは、作業領域の小ささと、コストです。ノートパソコンのディスプレイは最大でも17インチですので、1度に表示できる情報が限られ、作業効率は落ちます。またノートパソコンは、各部品をコンパクトにまとめなければならないため、同スペックのデスクトップパソコンと比較すると高額になります。上記の推奨スペックを満たしたノートパソコンは最低でも25万円前後が最低ラインです。 

デスクトップパソコンで3DCG関連業務を行うメリット・デメリット

デスクトップパソコンのメリット:価格が比較的安く、拡張性が高い

デスクトップパソコンのメリットは、ノートパソコンと比較すると低価格でハイスペックな製品を入手しやすいことです。上記スペックを満たしているデスクトップパソコンは20万円程度から入手できます。また拡張性が高く、メモリの増設やグラフィックボードの後付けなどのカスタマイズがしやすい点もデスクトップパソコンの魅力です。 

デスクトップパソコンのデメリット:持ち運びが難しい

デスクトップパソコンのデメリットは、サイズが大きく持ち運びが効かない点。テレワークを行っており、2点以上での作業を従業員に求めている場合は2台用意する必要がありますただしリモートデスクトップを活用するなどすれば、パソコンを2台用意する必要はありません。 

3DCG業務用パソコンと共に購入する必要がある周辺機器

3DCGを作成するためにはパソコン本体、ノートパソコンのみならず様々なデバイスが必要です。ここでは必須デバイス、さらに作業が快適になるツールをご紹介します。 

FHD以上のディスプレイ

3DCG業務用パソコンに必要なのはディスプレイです。ノートパソコンであっても外部ディスプレイを接続すると、簡単に作業領域を拡張できます。ディスプレイの解像度はできるだけ高い方が映し出される映像は美しくなります。 

MAYA®などの3DCG用ソフトウェアおよび、Adobe社のAfter EffectsPremiere ProはいずれもFHD以上のディスプレイを推奨しています4K以上のディスプレイは、より高スペックのグラフィックボードが求められるためパソコン本体の価格が高額になります。4Kディスプレイ自体の価格はFHD2倍から3倍を越えます。予算および担当者と相談しながらディスプレイを選ぶと良いでしょう。 

ペンタブレット

3DCGの作成に、ペンタブレットは必須ではありませんが、イラストを描くことが多い場合はペンタブレットがあると便利です。ZBRushはワコム製のペンタブレットを必須としてあります。作業者の数だけペンタブレットを用意しておきましょう。 

高性能マウス

3DCGを作成するためにあると便利なのが、高性能マウスです。3Dマウスは通常のマウスよりも自由度が高く、作業の効率が上がります。通常のマウスとは異なり、拡大や縮小、回転といった動作を同時に行うことが可能です。したがって「回転させてからクリックして、拡大してクリックして」といった作業を一度にこなすことができ、作業が非常に効率的になります。 

また3Dマウスには、多機能なボタンが付いているものもあり、使用頻度が高い動作を割り当てることができます。マウスは作業者によって好みがありますので、担当者に使いやすいものを確認しておきましょう。 

まとめ

3DCGを作成する業務に求められるのは一定のスペックを満たしたパソコンです。動画編集用ソフトを同時に使用するシーンが多いため、3DCG用ソフトウェアの最低動作システムのみでは効率良く業務を遂行できません。 

ノートパソコンであれば25万円前後から、デスクトップパソコンであれば20万円から入手できます。またパソコンのみならず、周辺機器も揃えておく必要があります。担当者と相談しながら最適な作業環境を整えましょう。 

3DCG業務用パソコンをお探しでしたら、一度ドスパラプラスへご相談ください。

おすすめ商品

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」
・・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談