Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
ワークステーション ワークステーション

機械学習に最適なPCとは?必要なスペックやおすすめPCについても紹介

機械学習は1950年代から継続して研究が進められ、近年ではディープラーニングの登場により、急速に身近なものになりました。自社でも機械学習を業務に取り入れ、変革を進めていきたいという方も多いのではないでしょうか。しかしながら、機械学習を進めていく上で、PCにどの程度のスペックが必要かわからないという方もいらっしゃるかと思います。 

本記事では、そのような方に向けて機械学習に最適なPCのスペックや選ぶ際のポイントなどを交えて紹介していきます。 

目次

機械学習とは

76_ (1).jpgのサムネイル画像

機械学習とは、データを分析する方法の1つで、データから機械( コンピュータ) が自動で学習し、データの背景にあるルールやパターンを発見する方法です。また、よく話題に挙がるディープラーニングは機械学習の手法のうちの一つです。 

昨今では、学習した内容によって未知の事柄を予想・判断することができるようになりました。 

機械学習について詳しく知りたい方は「機械学習とは?3種類の手法やビジネスへの活用例についても紹介 」の記事をご参照ください。 

機械学習に最適なPCとは? 

機械学習においては、ディープラーニングが良く用いられるようになってきました。ディープラーニングは主にPythonと呼ばれる言語で学習を実施することが多いため、機械学習に必要なPCスペックについては、Pythonを使用する前提で検討すると良いでしょう。 

Pythonには具体的なPCスペックの推奨要件はありませんが、OSに関してはPythonでプログラムを構築・実行できるものを選びましょう。 

機械学習に最適なPCのスペック

続いて、機械学習に必要なPCスペックについてお伝えします。機械学習を自分で勉強してみたい、個人で作れるレベルのAIを構築してみたいという場合には、10~20万円程度のミドルスペックのPCで問題ありません。 

一方、自社の業務で使用するようなAIを構築したい場合には、相応のデータ量で学習させる必要があるため、ハイエンドのPCが必要になります。 

ノートPCは小型化にコストが割かれているため、同価格帯のデスクトップPCの方が性能的に優れています。ただし近年はクラウドサービスも発達してきたため、リソース不足をクラウドで補うといったことも可能です。 

機械学習用PCのスペックを確認する際のポイント 

76_ 2).jpgのサムネイル画像

ここからは、それぞれ機械学習用PCのスペックを確認する際のポイントをみていきましょう。 

OS 

OSとは「Operating System」の略で、コンピュータのオペレーション(操作・運用・運転)をつかさどるシステムソフトウェアです。PCのデバイス本体とソフトウェアを繋ぎ、デバイスとソフトウェアを制御します。 

主なOS、MicrosoftのWindows、AppleのmacOS、オープンソースのLinuxなどが存在し、AI開発では機能を拡張しやすいWindowsや、サーバーでも使われるLinuxが推奨されています。Windowsを選択する場合は、機能の観点からproシリーズを選択しましょう。 

上記以外のOSを使用する場合には、使いたいバージョンのPythonが実行できる環境であるのか十分確認の上、対応をすすめていきましょう。 

CPU 

CPUは「Central Processing Unit」の略で、コンピュータの演算装置です。人間でいえば脳の役割を持っています。CPUは処理が汎用的であるため、さまざまな処理に対応できます。機械学習に使用するならば、IntelのCPUCore i5」から上位のモデルを選ぶと安心です。 

CPUについて詳しくは、「CPUとは?パソコン選びにおけるCPUについて分かりやすく解説! 」の記事をご参照ください。 

GPU 

GPUは「Graphics Processing Unit」の略で、3Dグラフィックスなどの画面表示や画像処理に特化した演算装置です。GPUの処理速度はCPUの処理速度と比べて数倍100倍以上速く、特にディープラーニングを行う場合GPUは必須です。 

GPUについて詳しくは、「GPUとは?CPUとの違いや役割・種類についてもわかりやすく解説! 」の記事をご参照ください。 

メモリ 

メモリとは、PCの作業内容を一時的に保存しておく部品です。ディープラーニング用PCを選ぶ際は、最低でもメモリ16GB以上のPC選びましょう。 

メモリについて詳しくは、「パソコンのメモリとは?購入前に把握しておくべきメモリの基本」の記事をご参照ください。 

ストレージ 

ストレージは、データを長期間保存しておく部品です。ハードディスクやSSDと呼ばれるものは、このストレージの一つです。ストレージは、最初から搭載されているもので問題ありませんが、512GB以上あると容量の大きなデータにも対応できるため安心です。 

ストレージについて詳しくは、「ストレージとは?種類や特徴について解説!」の記事をご参照ください。 

機械学習用PCの推奨スペック例 

ここでは、機械学習用PCの推奨スペック例をみていきましょう。 

例1:コストを抑えたモデル 

CPU 

Intel Xeon Processor W-2223 

グラフィック 

NVIDIA T600 4GB ×1枚 

メモリ 

32GBDDR4-3200 ECC RDIMM/ 16GB×2 

ハードディスク 

SSD 512GB 

GPU搭載 

NVIDIA® Quadro®、NVIDIA® GeForce®シリーズを最大2枚搭載可能 

機械学習を試してみたいという程度ならば、10~20万円のパソコンでも良いと先述しました。しかしながら、ある程度学習が進めば大きなデータを取り扱う機械学習も試してみたいと考える人が多いはずです。ある程度PCスペックに余裕を持たせて、上記程度を見込んでおいた方が良いでしょう。 

例2:コスパに優れたミドルスペックモデル 

CPU 

Intel Xeon Silver 4210R×2 

グラフィック 

NVIDIA T600 4GB×1枚 

メモリ 

32GBDDR4-3200 ECC RDIMM/ 16GB×2 

ハードディスク 

SSD 512GB 

GPU搭載 

NVIDIA® Quadro®、NVIDIA® GeForce®シリーズのウルトラハイエンド・ グラフィックスカードを最大2枚搭載可能 

業務での機械学習モデル使用をある程度見込むようであれば、上記のようなミドルスペックのモデルがおすすめです。状況に応じて、製品名の末尾番号が80のウルトラハイエンドGPUを2枚まで拡張可能です。 

しかしながら業務で使用するようなモデルを構築する場合には、学習のために読み込ませるデータ量が数百万件を超える規模になる場合もあります。そのため状況によっては、後述するハイエンドモデルを選択した方が良い場合もあるでしょう。 

例3:GPUの拡張性に優れたハイエンドモデル 

CPU 

Intel Xeon Silver 4210R×2 

グラフィック 

NVIDIA T600 4GB×1枚 

メモリ 

32GBDDR4-3200 ECC RDIMM/ 16GB×2 

ハードディスク 

SSD 1024GB 

GPU搭載 

NVIDIA® Quadro®、NVIDIA® GeForce®シリーズのウルトラハイエンド・ グラフィックスカードを最大4枚搭載可能 

業務にも耐えうる機械学習モデルの構築のためには、相応のデータ量を読み込ませる必要があります。場合によっては数百万件の規模となることも珍しくありません。そのため、業務での使用を想定する場合には、学習の規模によってウルトラハイエンドGPU4枚拡張できる、上記のようなハイエンドのモデルを選択しましょう。 

※あくまでスペック例として掲載しております。実際の製品のご購入はドスパラプラスまでお問い合わせください。

機械学習向けアプライアンス「WinFast 

winfast.pngのサムネイル画像

技術の進歩によって機械学習は身近になりました。画像認識や自動運転、音声認識といったさまざまなことに応用され、事業に採用されることも多くなってきました。機械学習の導入を考えている企業様も多いのではないでしょうか。 

そのような企業様におすすめの機械学習アプライアンスが「WinFast」です。ここでは、WinFastについて紹介していきます。 

納品後そのまま利用できる開発環境 

WinFastには、研究開発会社LeadtekのAIコンサルティングチームの知見を用いて、「ディープラーニングソフトウェアパック」として「RAPIDS」、「Chainer」、「TensorFlow」、「NVIDIA® DIGITS」、「PyTorch」を含むフレームワークやライブラリがインストールされています。めんどうな初期導入作業や互換性チェックなどに時間を割くことなくスムーズに開発へ着手できます。 

ディープラーニングに最適なパーツ構成 

ディープラーニングにおいて最高のパフォーマンスを発揮する最先端のグラフィックカードNVIDIA® Quadro®RTX GPUシリーズに対応しています。 高性能なCPUや大きいサイズのメモリも内蔵されていて、ディープラーニングを効率よく行うのに最適なパーツ構成となっています。 

まとめ 

76_ (3).jpgのサムネイル画像

機械学習に必要なスペックは、開発の規模によって大きく変わってきます。個人でモデル構築を試す程度のレベルであれば、10~ 20万円くらいのPCでも十分対応できます。一方、業務で使用するプロダクトを構築する場合、数十万~ 数百万というような業務用向けのハイエンドなPCやワークステーションが必要になる可能性はあります。 業務の種類や規模を見極め、効率的に機械学習を進めていきましょう。 機械学習用のPCをご検討中のお客様は、ドスパラプラスへお気軽にお問い合わせください。 

機械学習の一つであるディープラーニング向けのPCなら以下のページでもおすすめモデルや合わせてご活用いただける周辺機器などを詳しくご紹介しております。合わせてご覧ください。

おすすめ商品

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」
・・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談