Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
キャンペーン キャンペーン

Core i7-1355Uとは?スペックや性能、口コミまで徹底解説

この記事では、アメリカの半導体メーカー「Intel®」が開発したCPUの「Intel® Core™ i7-1355U」のスペックや特徴について解説します。

Core i7-1355Uのベンチマークや口コミ・評価、おすすめのパソコンもあわせてお伝えするので、ほかのCPUと比較した結果や、リアルな使用感を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

Core i7-1355Uの基本スペック

Intel® Core™ i7-1355U
製品コレクション 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー
開発コード名 Raptor Lake
プロセス 10 nm
コア数 10(Pコア2+Eコア8)
スレッド数 12
プロセッサー・ベース動作周波数 1.7GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 5.0GHz
メモリの種類 DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
L3キャッシュ容量 12MB
対応ソケット FCBGA1744
PCI Express リビジョン 不明
TDP 15W
発売日 2023/1

Intel® Core™ i7-1355Uは、アメリカの半導体メーカー「Intel®」が開発したCPUです。

Intel® Core™ iシリーズの中では、Intel® Core™ i5シリーズからグラフィックス処理性能や並列処理性能が強化されたIntel® Core™ i7シリーズにあたり、一般的なビジネスシーンだけでなく、グラフィックデザインやDTM制作といったクリエイティブシーンにも対応できます。

加えて、ノートパソコン向けの超省電力性モデルのUシリーズにあたり、消費電力が抑えられている点も大きな特徴です。

また、UシリーズのCPUには、Core i7-1355Uの下位モデルのIntel® Core™ i5-1345Uや、上位モデルのIntel® Core™ i7-1365Uなど、さまざまな種類の製品があります。

この記事では、同シリーズのほかの製品や競合製品と比較した結果もお伝えするので、CPUの選定に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

なお「CPUの性能比較表|2024年最新版」では、比較対象となる基本スペックやCPUの性能目安となるPassMarkのベンチマークスコアを製品別で比較してご覧いただけます。どのCPUを導入すべきか悩んでいる方や、最新のCPUを検討している方は参考にしてください。

Core i7-1355Uはどのような用途におすすめ?

Core i7-1355Uは、ノートパソコン向けの中でも、特に幅広い用途に対応できるCPUです。

10コア12スレッドのスペックを備えており、Webサイトの閲覧やメールの送受信、資料作成などのビジネスタスクだけでなく、RAW現像やWebデザイン、DTM制作などのクリエイティブタスクにも活用できます。

電力効率に重視したEコアを8コア搭載しており、消費電力も15Wと低く抑えられているため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ただし、動画編集や3Dレンダリングなどの高負荷なタスクはスペック不足になる場合があるため、より高度なタスクや専門的な用途を考える場合は、上位モデルやハイエンド向けのHシリーズの検討もおすすめします。

Core i7-1355Uのスペック比較

Intel® Core™ i5-1345U Intel® Core™ i7-1355U Intel® Xeon® Gold 5217
製品コレクション 第 13 世代インテル® Core™ i5 プロセッサー 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー 第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー
開発コード名 Raptor Lake Raptor Lake Cascade Lake
プロセス 10 nm 10 nm 14 nm
コア数 10(Pコア2+Eコア8) 10(Pコア2+Eコア8) 8
スレッド数 12 12 16
プロセッサー・ベース動作周波数 1.6GHz 1.7GHz 3.0GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.7GHz 5.0GHz 3.7GHz
メモリの種類 DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
DDR4 2667
L3キャッシュ容量 12MB 12MB 11MB
対応ソケット FCBGA1744 FCBGA1744 FCLGA3647
PCI Express リビジョン 不明 不明 3.0
TDP 15W 15W 115W
発売日 2022/1 2023/1 2019/4

Core i7-1355Uのスペックを、下位モデルのCore i5-1345Uと、同じIntel製のIntel® Xeon® Gold 5217とで比較してみていきます。

Core i5-1345Uは、Core i7-1355Uと同じ13世代のCPUですが、下位グレードのCore i5シリーズにあたります。

アーキテクチャやプロセス、コア数・スレッド数、そのほかの項目は同値ですが、プロセッサー・ベース動作周波数やターボ・ブースト利用時の最大周波数は、Core i7-1355Uのほうが優れた数値です。

ノートパソコン向けCPUで優れた処理性能を求める方は、Core i7-1355Uのほうが適しているでしょう。

次に、優れたメモリ速度と容量が特徴のIntel® Xeon® GoldシリーズのXeon Gold 5217と比較します。

Xeon Gold 5217のコア数・スレッド数は8コア16スレッドと、コア数はCore i7-1355Uが上回っていますが、プロセッサー・ベース動作周波数は3.0GHzで、Xeon Gold 5217のほうが優れています。

一方で、ターボ・ブースト利用時の最大周波数は、Core i7-1355Uが大きく上回っており、高負荷時の処理性能の高さがうかがえます。

また、Xeon Gold 5217の消費電力は115Wと、デスクトップ向けCPUである分高い数値であるため、消費電力を抑えたい方は、Core i7-1355UやCore i5-1345Uをはじめとしたノートパソコン向けCPUがおすすめです。

Core i7-1355Uと両製品のベンチマークスコアを比較した結果も後ほど解説するので、ぜひ参考にしてください。

Core i7-1355UとAMD Ryzenシリーズのスペック比較

AMD Ryzen™ 5 PRO 4655G Intel® Core™ i7-1355U AMD Ryzen™ 7 PRO 4750U
製品コレクション AMD Ryzen™ 5 PRO 4000 Series Desktop Processors 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー AMD Ryzen™ 7 PRO 4000 Series Mobile Processors
開発コード名 Renoir Raptor Lake Barcelo-R
プロセス 7 nm 10 nm 7 nm
コア数 6 10(Pコア2+Eコア8) 8
スレッド数 12 12 16
プロセッサー・ベース動作周波数 3.7GHz 1.7GHz 1.7GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.2GHz 5.0GHz 4.1GHz
メモリの種類 DDR4 DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
DDR4 3200
LPDDR4 4266
キャッシュ 8MB 12MB 8MB
対応ソケット AM4 FCBGA1744 FP6
PCI Express リビジョン 3.0 不明 3.0
TDP 65W 15W 15W
発売日 2022/11 2023/1 2020/5

競合のAMD Ryzen™シリーズのCPUともスペックを比較します。

AMD Ryzen™ 5 PRO 4655Gは、Ryzenシリーズのデスクトップ向けにあたるCPUで、プロセスは7nmとCore i7-1355Uより微細に設計されていますが、コア数はCore i7-1355Uのほうが上回っています。

一方で、プロセッサー・ベース動作周波数は3.7GHzと、Core i7-1355Uの1.7GHzを大きく上回っており、ターボ・ブースト利用時の最大周波数も4.2GHzと高い数値です。

消費電力は65WとCore i7-1355Uよりも高い数値ですが、安定した処理速度を維持したい方は、Ryzen 5 PRO 4655Gがおすすめです。

次に、Core i7-1355Uと同じノートパソコン向けのAMD Ryzen™ 7 PRO 4750Uと比較します。

Ryzen 7 PRO 4750Uのコア数は8コアと、Core i7-1355Uより少ない搭載数です。

プロセッサー・ベース動作周波数は同値ですが、ターボ・ブースト利用時の最大周波数もCore i7-1355Uが上回っています。

また、Ryzen 7 PRO 4750Uの消費電力は15Wと同値ですが、そのほかの性能はCore i7-1355Uが上回っていることから、Core i7-1355Uのコストパフォーマンスの高さがうかがえます。

Core i7-1355UとAMD製の両製品のベンチマークスコアを比較した結果も、後ほど詳しく解説します。

Core i7-1355Uの特徴

Core i7-1355Uの特徴を3つ解説します。

Core i7-1355Uならではの特徴やデメリットもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

ノートパソコン向けのUシリーズ(超省電力モデル)のCPU

Core i7-1355Uは、ノートパソコン向けに設計された超省電力モデルのCPUです。

Intel Core iシリーズでは、品番の末尾にUのつく製品が省電力性に優れた超省電力モデルとして位置づけられており、Core i7-1355Uの消費電力は15Wと、CPUの中ではトップクラスに低い消費電力なので、ランニングコストを抑えてCPUを運用したい方は、UシリーズのCPUに注目してみてください。

また、Intel製CPUの電力パフォーマンスをランキングしたPassMark Power Performance(外部サイト)によると、2023年9月時点で、Core i7-1355Uは上位200製品中10位にランクインしており、高い処理性能も兼ね備えているCPUだとわかります。

13世代のUシリーズの中ではミドルクラス

Core i7-1355Uは、13世代のUシリーズの中では、性能とコストパフォーマンスのバランスの取れたミドルクラスにあたります。

1355u_mark_rating_vs_13XX.png

CPUの総合的な性能を数値化したPassMarkのCPU Mark Ratingを13世代のUシリーズの製品と比較すると、Inte® Core™ i7-1365Uが最も高いスコアで、Core i7-1355Uは中間の数値でした。

1355u_single_vs_13XX.png

また、CPUのシングルスレッド性能を数値化したCPU Single Thread Ratingをみてみると、最も高いスコアだったのがInte® Core™ i3-1315Uで、ほぼ同値でCore i7-1355Uが続いています。

上記のように、13世代のUシリーズの中でも性能差はみられるので、グレードだけでなく、基本スペックやベンチマークも参考にして高いスペックのCPUを選定しましょう。

より高い性能を求めるならPシリーズやHシリーズがおすすめ

Core i7-1355Uは、性能よりも電力効率を重視したUシリーズのCPUであるため、より高い性能を求める方は、一般ユーザー向けのPシリーズやハイエンド向けのHシリーズがおすすめです。

Intel® Core™ i7-1355U Intel® Core™ i7-1360P Intel® Core™ i7-13620H
製品コレクション 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー 第 13 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー
開発コード名 Raptor Lake Raptor Lake Raptor Lake
プロセス 10 nm 10 nm 10 nm
コア数 10(Pコア2+Eコア8) 12(Pコア4+Eコア8) 10(Pコア2+Eコア8)
スレッド数 12 16 16
プロセッサー・ベース動作周波数 1.7GHz 2.2GHz 2.4GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 5.0GHz 5.0GHz 4.9GHz
メモリの種類 DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 6400
LPDDR4x 4267
DDR5 5200
DDR4 3200
LPDDR5/x 5200
LPDDR4x 4267
L3キャッシュ容量 12MB 18MB 24MB
対応ソケット FCBGA1744 FCBGA1744 FCBGA1744
PCI Express リビジョン 不明 不明 不明
TDP 15W 28W 45W
発売日 2023/1 2023/1 2023/1

Core i7-1355Uと同じ13世代でPシリーズのIntel® Core™ i7-1360Pと、HシリーズのIntel® Core™ i7-13620Hを比較します。

コア数・スレッド数に注目すると、Core i7-1360Pのコア数・スレッド数は12コア16スレッドとCore i7-1355Uを上回っています。

Core i7-13620Hのコア数は同値ですが、Core i7-13620HのほうがPコアの搭載数が多い点がポイントです。

また、プロセッサー・ベース動作周波数は、Core i7-1360Pが2.2GHz、Core i7-13620Hが2.4GHzと、両製品ともCore i7-1355Uを上回っています。

ノートパソコン向けのハイスペックなCPUを求める方は、PシリーズやHシリーズも選択肢のひとつとして検討してみてください。

Core i7-1355Uのベンチマーク

Core i7-1355UのベンチマークのPassMarkを中心に解説します。

Core i7-1355Uの性能をより詳細に知りたい方は、参考にしてください。

PassMark(CPU Mark Rating)

1355u_mark_rating.png

PassMarkのCPU Mark Ratingから比較していきます。

Core i7-1355Uのスコアは15415と、Ryzen 5 PRO 4655GやRyzen 7 PRO 4750UのAMD製CPUを上回る結果でした。

一方で、Intel製のCore i5-1345UやXeon Gold 5217と比較すると、わずかに下回っています。

Core i5-1345Uは、Core i7-1355Uの下位グレードにあたるCore i5シリーズのCPUですが、Core i7-1355Uを上回るスコアであった点が注目ポイントです。

グレードや世代、メーカーによって性能はさまざまなので、基本スペックとベンチマークスコアをあわせて確認し、用途に合った最適なCPUを選定しましょう。

PassMark(CPU Value)

1355u_value.png

※Ryzen 5 PRO 4655GとRyzen 7 PRO 4750Uは必要な情報が不足しているため、3製品で比較

CPUのコストパフォーマンスを数値化したPassMarkのCPU Valueもみていきましょう。

Core i7-1355Uのスコアは32.9と、3つの製品の中では中間の数値でした。

最も高いスコアだったのが、CPU Mark Ratingと同様にCore i5-1345Uで、Core i7-1355Uとはおよそ50%の差がみられました。

コストパフォーマンスを重視したい方は、ほかのベンチマークとあわせてCPU Valueの結果も参考にしてください。

注意点として、CPU Valueは、低価格帯のエントリークラスのCPUが高い数値になる場合もあるので、コストパフォーマンスだけを重視するがあまり、用途に対してスペック不足なCPUを導入しないように、基本スペックも確認しておきましょう。

PassMark(CPU Single Thread Rating)

1355u_single.png

PassMarkのCPU Single Thread Ratingも比較します。

Core i7-1355Uのスコアは3577と、5つの製品の中で最も高い数値でした。

特に、AMD製CPUとの差が大きく、Core i7-1355UのスコアはRyzen 5 PRO 4655Gの132%、Ryzen 7 PRO 4750Uの141%もの性能差がみられました。

また、CPU Mark RatingやCPU Valueでは下回っていたCore i5-1345Uと比較すると、わずかではありますが優れた数値です。

シングルスレッド性能は、Webサイトの閲覧やメールの管理などの負荷の軽いビジネス業務を快適に行いたい方が注目すべきベンチマークです。

シングルスレッド性能を重視したい方は、上記の結果も参考に、複数の製品を比較してみてください。

消費電力

1355u_消費電力.png

最後に、消費電力も比較します。

Core i7-1355Uの消費電力は15Wと、同じノートパソコン向けCPUのCore i5-1345UやRyzen 7 PRO 4750Uと並んで最も低い数値でした。

一方で、デスクトップ向けのRyzen 5 PRO 4655Gは65W、Xeon Gold 5217は115Wと、Core i7-1355Uと大きな開きがみられました。

CPUの消費電力は、デスクトップ向けよりノートパソコン向けのほうが低く抑えられる傾向にあるので、少しでも消費電力を抑えたい方は、ノートパソコン向けのCPUがおすすめです。

PassMarkのベンチマークスコアや消費電力を製品別で比較したい方はこちら

Core i7-1355Uを使用している方の口コミ・評価

Core i7-1355Uを使用している方の口コミ・評価を紹介します。

とても使いやすく、コスパ最高です。

ありがとうございました。

ドスパラ通販サイトより引用

サクサク動くし、快適です!

マルチモニターにして使ってます!

ドスパラ通販サイトより引用

以前使用していたノートパソコンの動きが明らかに遅くなったため、ドスパラさんにて買い替え(約8年使用)。

使用感は比較にならないくらい早くて快適。助かります。

ドスパラ通販サイトより引用

以上の口コミ・評価から、Core i7-1355Uは、マルチモニターでも快適に使用でき、コストパフォーマンスにも優れたCPUだとわかりました。

Core i7-1355Uを搭載したおすすめPC

Core i7-1355Uを搭載したおすすめPCを5つ紹介します。

Core i7-1355Uの導入を検討している方は、参考にしてください。

THIRDWAVE DX-R7 Windows 11 Proモデル

「THIRDWAVE DX-R7 Windows 11 Proモデル」は、第13世代インテル® Core™ プロセッサーを搭載した15.6インチノートPC。落ち着いたシルバーデザインで、15インチの大画面とマルチディスプレイ対応を提供。インテル® Iris Xeグラフィックス、最大64GBのメモリ、2TB NVMe SSDの選択オプションと、Wi-Fi6による高速通信もサポートします。

ビジネスからプライベートまで、あらゆるシーンでの活躍をサポートするノートPCです。

THIRDWAVE F-14RP7 法人モデル

「THIRDWAVE F-14RP7 法人モデル」は、14インチで約1.31kgの軽量なボディを持ちながら、第13世代インテル®Core™ プロセッサーで高性能を誇ります。シンプルかつスタイリッシュなデザインに、プライバシーシャッター付きのカメラ、マルチディスプレイ対応、そしてWindows 11の最新OSを搭載。

カスタマイズ可能な最大64GBのメモリと2TB SSD、さらにPD対応USB Type-CとWi-Fi 6Eを備え、どんなビジネスシーンにも快適に対応します。

まとめ

この記事では、Intel社が開発したCPU「Core i7-1355U」のスペックや特徴、ベンチマーク、口コミまでを解説しました。

Core i7-1355Uは、ノートパソコン向けの省電力性に優れたUシリーズのCPUです。

10コア12スレッドのスペックを備え、一般的なビジネスタスクからクリエイティブなタスクまで幅広く対応できる点も特徴のひとつです。

この記事では、ほかのUシリーズやAMD製のCPUと比較した結果も解説したので、CPUの選定に悩んでいる方は、比較した結果や方法を参考に、導入を検討してみてください。

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム














お問い合わせ 見積り履歴