Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
バナー バナー

AMD Ryzen Threadripperとは?CPUの性能から特徴まで

パソコンを選ぶ際、コンピューターの頭脳と言われるCPUの性能がとても重要です。一方でCPUの種類を見てみるとCore i、Pentium、Celeron、Atom、Ryzenなどといった名前のCPUが多く存在し、「結局どれを選べば良いのかがわからない」といった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

本記事ではAMDが提供する最上位モデルのCPU「AMD Ryzen Threadripper」について詳しく解説します。

AMD Ryzen Threadripperとは?

Ryzen Threadripperは、アメリカの世界シェア第2位の半導体メーカーである「AMD」が提供する最上位モデルのCPUの名称です。読み方は「ライゼン・スレッドリッパー」です。

Ryzen Threadripperは2017年6月に発表され、発売前の時点では「Whitehaven」という開発コードとして知られていました。当時として画期的だった16コア32スレッドのCPUで、現在も注目を浴びています。

 

その性能面の高さから普段使いのパソコンだけでなく、科学技術計算やCAD、グラフィックデザインなどといった高負荷の処理を行うためのコンピューターである「ワークステーション」としても使われています。そのため、インテルの「Core i」だけでなくワークステーション向けのCPU「Xeon(ジーオン)」との比較になる場合もあります。

「AMD」に関してより深く知りたい方はAMDとは?パソコンを選ぶ際に知りたい性能や特徴について紹介!の記事をご覧ください。

さらに、CPUに関しての基礎的な知識をより詳しくについてはCPUとは?パソコン選びにおけるCPUについて分かりやすく解説!の記事をご一読ください。

Ryzenシリーズ自体はインテルの主要製品である「Core i」とよく比較されることが多いCPUです。RyzenとCore iのより詳しい比較については「Core i」と「Ryzen」の違いを徹底比較!各CPUが適している作業・業務は何か?の記事をご覧ください。

Ryzen Threadripperの特徴

Ryzen Threadripperの特徴は、圧倒的な性能の高さです。具体的な性能については後述しますが、3Dゲームはもちろん、よりCGレンダリングを用いた映像制作も可能です。まさしくプロの動画制作者や複雑な処理を行う方々向けのCPUだと言えるでしょう。

 

Ryzen Threadripperの性能(Core iXeonとの違い)

コア数、スレッド数、クロック数の数が多ければ多いほど、CPUの性能が高いと言えるでしょう。

例えば、「Ryzen Threadripper PRO 3995WX」のスペックは、コア数64、スレッド数128、最大クロック数4.5GHzです。インテル第12世代Coreシリーズの最上位モデル「Core i9-12900KS」は、コア数16、スレッド数24、最大クロック数5.5GHzですので、コア数やスレッド数で圧倒していることがわかります。

一方ワークステーション向けのCPUである「Xeon W-3175」の場合、コア数28、スレッド数56、最大クロック数4.6GHzです。つまり、コア数とスレッド数についてはRyzen Threadripperが圧倒しており、現在市場に出回っているCPUの中でトップクラスの性能を持つCPUだと言えます。

 

Ryzen Threadripperの価格帯

ここではRyzen Threadripperの価格面についてご紹介します。

Ryzen ThreadripperはRyzenブランドの中で最も性能が高いモデルであることから価格面でも最も高額です。(2022年4月時点)

Ryzen Threadripperのおおよその価格帯は約20~100万円であり、他のCPUが2~10万円代で購入できることを考えると非常に高価です。

しかしながら、性能面と比例する形で価格も上がっておりますので、価格相応のスペックを持つ製品だと言えます。

AMDCPUが選ばれる理由

ここからは「AMD」のCPUが支持されている理由について簡単にご紹介します。

 

ワークステーションで利用できるほどの高性能なラインアップの拡充

これまでAMDは過去のインテルとの関係性もあり、長年インテルの廉価版をきたイメージからか、AMDのCPUはインテルよりも劣るといったイメージを抱いているかもしれません。そのため、かつては高いコストパフォーマンスが魅力で選択されるケースが目立ちました。一方、近年は高性能で高価なCPUでもインテルと対等にならぶ状況です。

特にRyzen Threadripperのようにコア数64、スレッド数128を持つCPUはほかにはありません。より高性能なパソコンを求めるユーザーからの支持が増えているような状況です。

またこれまでAMDは安価でコストパフォーマンスが高いといったイメージをお持ちの方も中にはいらっしゃるかと思いますが、近年はRyzen Threadripperに限らずRyzen9、Ryzen7などといった高スペックなCPUを次々と展開しています。これまでAMDは安価でコストパフォーマンスが高いCPUというイメージを持っていた人も、現在のAMDは高性能なCPUも展開していると理解されることが増えてきています。

 

ゲーム機需要の増加

高性能のラインアップを拡充したことにより、シェアは市場全体の25%でした。AMDのシェアが高まった要因は、オンラインゲーム需要の増加が挙げられます。オンラインゲームは3Dグラフィックスを用いたゲームが多くを占めており、3Dゲームを動作させるにはある程度以上のスペックを持ったCPUで

そのような背景もあり、オンラインゲームをプレイする層から、RyzenブランドのCPUが搭載されたゲーミングPCを購入または、自作でRyzenブランドのCPUを搭載して、プレイされるユーザーが増えていると予想されます。AMDのCPU市場シェアが増えた要因だと言えるでしょう。

 

Ryzen Threadripperがおすすめのケース

ここでは、Ryzen ThreadripperのCPUが向いている用途についてご紹介します。

性能面が非常に高いため、複雑なCGを使った動画制作など、高負荷が要求される環境で実力を発揮しますそのため、プロの動画制作現場やサーバー、ワークステーションといった負荷のかかる処理を担うCPUとしても十分活用可能です。

またDグラフィックスなどを使ったオンラインゲームをにも十分すぎるほどの性能を持っています

 

まとめ

Ryzen Threadripperの性能や特徴を把握することで、パソコンが導入できます。Ryzen ThreadripperはAMDが展開するCPUの中でも最も高性能でありながら、最も高価格な製品でもあります。そのため、プロの映像クリエイターや業務的なサーバーなど高負荷が要求される場面での利用が最適だと言えます。

問い合わせ窓口が設置されているドスパラプラスならパソコン選びに不安がある方や、Ryzen ThreadripperのCPUを搭載した法人向けのパソコンをお探しの方でも安心してパソコンを導入できますので是非ご活用ください。

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

パソコン購入の悩み

お見積りの作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。

専門用語等の知識は必要ありませんので、何なりとお問い合わせ・ご相談くださいませ。
※ご購入の前後でお問い合わせ連絡窓口が異なりますのでご注意ください。

ご購入前

購入・お見積り等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

その他のご相談方法はこちら

お問い合わせ総合案内ページが開きます

ご購入後

サポートのご相談、修理のご依頼

お急ぎの方、直接相談したい方

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談