Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
バナー バナー

ゲーム開発用PCに必要なスペックとは?

近年では無料で使えるゲーム開発ツールが複数登場し、少人数でゲーム開発をする「インディーゲームクリエイター」が増えてきています。PCの高性能化が進んだことで、一般のPC販売店でもゲーム開発に向いたスペックのPCが手に入りやすくなっています。 

本記事では、ご購入時の助けになるゲーム開発用PCに必要なスペックについて解説していきます。 

目次

1.ゲーム開発用PCの最小スペックとは 

no21_3.jpgのサムネイル画像

現在、ゲーム開発ツールで有名なのは「Unity(ユニティ)」と「Unreal Engine(アンリアルエンジン)」です。ゲーム開発ツールの進化やパソコンの性能向上により、多くの人がこれらのツールを活用できるようになりました。 

この2つのツールについて、最低限必要とされるスペックをみていきましょう。 

Unityでゲーム開発する際の最小PCスペック 

Unity 2021 LTSのマニュアルによると、Unityでゲーム開発する際の最小PCスペックは、以下の通りです。 

最小PCスペック 

Windows 

macOS 

Linux 

OSバージョン 

Windows 7(SP1+)、Windows 10、Windows 11、64ビット版のみ 

High Sierra 10.13+(Intel editor) 

Big Sur 11.0(Apple silicon Editor) 

Ubuntu 20.04、Ubuntu 18.04、CentOS 7 

CPU 

SSE2命令セットをサポートする X64 アーキテクチャ 

X64 architecture with SSE2 instruction set support(Intel processors) 

Apple M1 or above (Apple silicon-based processors) 

SSE2命令セットをサポートするX64アーキテクチャ 

グラフィックス API 

DX10、DX11、DX12対応のGPU 

Metal 対応の Intel と AMD GPU 

OpenGL 3.2以降かVulkan対応のNVIDIAとAMD GPU 

追加スペック 

ハードウェアベンダーが公式にサポートしているドライバー 

Apple officially supported drivers(Intel processor) 

Rosetta 2 is required for Apple silicon devices running on either Apple silicon or Intel versions of the Unity Editor. 

X11ウィンドウシステム、NVIDIA公式プロプライエタリなグラフィックスドライバー、AMD Mesa グラフィックスドライバー上で動作するGnome デスクトップ環境。サポートされている配布で提供されているその他の設定とユーザー環境(カーネル、コンポジターなど) 

 表記の内容から、よほどのことがない限りは最小PCスペックが満たせるといえるでしょう。 

Unreal Engineでゲーム開発する際の最小PCスペック 

Unreal Engine 5 Documentation によると、Unreal Engineでは最小PCスペック」ではなく、「推奨スペック」として以下のPCスペックが示されています。 

推奨スペック 

Windows 

macOS 

Linux 

OS 

Windows 10 64-bit version 1909 revision .1350 以上、または 2004 / 20H2 revision .789 以上 

最新の macOS Monterey 

Ubuntu 22.04 

CPU 

Quad-core Intel または AMD、2.5 GHz 以上 

Quad-core Intel、2.5 GHz 以上 

Quad-core Intel または AMD、2.5 GHz 以上 

メモリ 

8 GB RAM 

8 GB RAM 

32 GB RAM 

グラフィックカード 

DirectX 11 または DirectX 12 対応のグラフィック カード 

Metal 1.2 対応のグラフィックカード 

NVIDIA GeForce 960 GTX 以上 (最新の NVIDIA バイナリ ドライバー) 

Video RAM 

- 

- 

8 GB 以上 

RHI バージョン 

DirectX 11: 最新ドライバー 

DirectX 12: 最新ドライバー 

Vulkan: AMD (21.11.3+) と NVIDIA (496.76+) 

- 

Vulkan: AMD (21.11.3+) と NVIDIA (515.48+) 

 Unityよりは多少スペックがあるものの、こちらも問題なく満たせるといえるでしょう 

Unreal Engine 5推奨スペック

またUnreal Engine 5 でゲームを開発するための合理的なガイドラインとして、下記スペックが推奨されています。 

  • Windows 10 64-bit
  • 64 GB RAM
  • 256 GB SSD (OS Drive)
  • 2 TB SSD (Data Drive)
  • NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
  • Xoreax Incredibuild (Dev Tools Package)
  • Six-Core Xeon E5-2643 @ 3.4GHz

2.ゲーム開発用PCのスペックの選び方 

ゲーム.jpgのサムネイル画像

続いて、ゲーム開発用PCのスペックを確認する際のポイントについてみていきましょう。 

設置スペースがあればデスクトップ 

ノートパソコンは小型化や軽量化が重視されているため、同価格帯であればデスクトップパソコンの方が性能は高いです。PCを外に持ち出す予定がなく、設置スペースが確保できる場合はデスクトップを選択するのがおすすめです 

アプリによるが、価格ならWindows OS 

OSによって、使用できるプログラミング言語や開発に使えるソフトウェア、アプリケーションが変わるので、使いたい環境に合わせて選択しましょう。 

例えばiOS向けアプリケーションを開発したい場合は、macOSにしか対応していないXcodeという開発ツールを用い、アプリケーションのビルドもmacOSで実施する必要があるため、macOSを選択します 一方でAndroid向けアプリケーションは、WindowsでもmacOSでも対応可能です。Windowsの方がmacOSと比較して安価なため、Android向けアプリケーションを開発するならWindowsを選択するとよいでしょう。 

CPUはCore i5から 

CPUはスペックによって処理能力が大きく変わるため、可能な限り高いものを選ぶと作業効率がよくなります特にCPUのコア数によってプログラムのコンパイルやビルドなどの時間が大きく変わります。 

最低でもIntel Core i5、またはAMD Ryzen 5クラス以上のスペックをもったCPUが必要です。 

※CPUとは何?という方は、CPUとは?パソコン選びにおけるCPUについて分かりやすく解説!をご参照ください。 

GPUは最低でもミドルレンジ程度 

GPUは、動画処理に与える影響が大きいため、3Dゲーム開発を行いたい場合には特に重要です。 

3Dを多数盛り込んだ最新仕様のゲームを開発する場合は、動画処理が遅いと作業効率に影響します。最低でも数万円程度のミドルレンジGPUを搭載するのがおすすめですが、どの程度の開発かにもよります。のちほどレベル別でおすすめの構成をご紹介します。 

GPUとは何?という方は、GPUとは?CPUとの違いや役割・種類についてもわかりやすく解説!をご参照ください。 

メモリは16GBから32GB 

メモリ容量が大きければ複数のゲーム開発アプリケーションを立ち上げたり、Webブラウザで情報を調べながら開発を進めたりすると作業効率がよくなります。最低でも16GB、余裕を求めるなら32GB程度を搭載できると安心でしょう。 

※パソコンのメモリについて詳しく知りたい方は、パソコンのメモリとは?購入前に把握しておくべきメモリの基本をご参照ください。 

ストレージは1TB SSDが心強い 

効率的にゲームを開発するのであれば、SSDがおすすめです。最低でも512GB、可能であれば1TBのSSDがあると心強いでしょう。HDDは、後から外付けのドライブを追加できるため、最初から大容量を確保する必要はありません 

※ストレージについて詳しく知りたい方は、ストレージとは?種類や特徴について解説!をご参照ください。 

3.おすすめゲーム開発PCスペックの例 

ゲーム開発.jpgのサムネイル画像

ここからは、おすすめゲーム開発PCスペックの例をみていきましょう。今回は、パソコンの持ち運びよりも作業の快適さを重視して、デスクトップPCのみをみていきます。 

ゲーム開発においては、2Dのゲームと3Dのゲームで必要なリソースに大きく異なります。特に同時に動かしたいオブジェクトの数が多いほど必要なリソースも多くなります。 

2D小規模ゲームを開発したい方向け 

2D小規模ゲームの開発であれば、CPUCore i5程度で問題ありません。GPURTX 3060を選択すると、多少開発規模が大きくなった場合でも対応可能です。 

項目 

内容 

CPU 

インテル Core i5-12400(2.5GHz-4.4GHz/6コア/12スレッド) 

グラフィック機能 

NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6 

メモリ 

16GB 

SSD 

500GB NVMe SSD 

2D大規模ゲームまたは3D小規模ゲームを開発したい方向け 

2D大規模ゲームもしくは3D小規模ゲームの開発であれば、CPUはCore i7程度のものがおすすめです。RTX3070Tiであれば、GPUに負荷のかかる開発作業でも余裕を持った処理が可能です。 

項目 

内容 

CPU 

インテル Core i7-12700 (2.10GHz-4.80GHz/12コア/20スレッド) 

グラフィック機能 

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6X 

メモリ 

16GB 

SSD 

1TB NVMe SSD 

 3D大規模ゲームを開発したい方向け 

3D大規模ゲーム開発の場合GPUにRTX3080Tiを採用することで、より負荷の高い処理にも対応できるようになります。 

項目 

内容 

CPU 

インテル Core i7-12700(2.10GHz-4.80GHz/12コア/20スレッド) 

グラフィック機能 

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X 

メモリ 

16GB 

SSD 

1TB NVMe SSD 

4.まとめ 

UnityUnreal Engineの必要最低限のスペックはよほど古いPCでなければ満たせるでしょう。しかしながら最小PCスペックを満たしただけでは動作が重く効率的なゲーム開発はできないので、OSやCPU、メモリ、ストレージ、GPUなど、それぞれに推奨されるスペックを満たす必要があります。 今回の記事を参考にしてPCのスペックを選び、快適なゲーム開発をしていきましょう。 

ご不明点がございましたら、ドスパラプラスへお気軽にご相談ください。 

おすすめ商品

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」
・・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談