Windows11 Proの詳細を御覧ください
Windows11 Proの詳細を御覧ください
バナー バナー

パソコンのスペックはどう見ればいい? 業種別の選ぶ基準を解説

「社員が増えた」「パソコンが古くなったから買い換えが必要」 

パソコンの新規購入や買い換えに迫られたとき、知っておくべき基礎知識の1つがスペックです。本記事ではパソコンのスペックの基礎から、業種別に業務をスムーズに遂行するために求められるスペックを解説します。 

※本記事でいう「パソコン」とはデスクトップパソコンやノートパソコンなどのパーソナルコンピューターのことを指します。 

目次

【パソコンのスペックの教科書】知っておきたい8種類のスペック

パソコンのスペックとは、パソコンの使用や性能を表すものですパソコン全体のスペックは、パソコンを構成する様々なパーツによって決まります。したがってそれぞれの役割に応じたスペックをチェックする必要があります。ここではパソコンで主要な役割を果たす8種類のスペックを解説します。 

8つのスペック

  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラフィックボード
  • 画面サイズと解像度
  • ポート数と種類
  • ドライブ

パソコンの基礎を管理するOS

パソコンの基本を管理するシステムがOSです。OSはOperatingSystemの略。コンピューターの操作や運転を司る基本システムがOSです。Windowsは世代に応じて「Windows11」や「Windows10」といった名前が付けられています。

WindowsOSの種類

2000年以降に提供されたWindowsOS一覧と提供年
OSの種類 提供開始年
Windows XP 2001
Windows VISTA 2006年
Windows 7 2009年
Windows 8 2012年
Windows 8.1 2013年
Windows 10 2015年
Windows 11 2021年

※クライアント端末向け(一般的なパソコン)のOS 

WindowsのOSは3年から5年の間隔でアップデートされます。シリーズ名が変わるメジャーアップデートとは別に、バグの修正や軽微な機能の追加などのマイナーアップグレートも行われます。 

WindowsのOSは新シリーズを既存のパソコンにインストールするためには、購入が必要でした。ただし2021年12月末現在、Windows10を使用しているパソコンであればWindows11に無料でアップグレードできます。 

必ずしも最新版がいいとは限らない

Windows OSは最新バージョンであるべきとは言い切れません。即座に最新バージョンに更新する前に確認が必要です。業種・業務内容によっては、組織または取引先から提供されPCに導入された業務ソフトウェアや、ブラウザソフトウェアが適応しているか事前に確認する必要があるからです 

またネットワークや他の機器に接続していないスタンドアロン環境であれば、サポートが終了しているOSを使用するケースもあります。パソコンを買い換える場合は、現在の業務を遂行するために必要なOSのバージョンを確認しておきましょう。 

WindowsOSのエディション

Windows OSの主なエディションは以下の4種類です。 

企業がパソコンを導入する場合は、Windows ProかEnterpriseを選択することになります。基本的にWindows ProよりもEnterpriseのほうが従業員の端末をコントロールする機能が豊富です 

エディション名 概要
Windows Home  家庭用
Windows Pro 企業用
Windows Enterprise 大企業用
Windows Education 学生・教師向け

Windows OSの32bit版と64bit版の違い

Windows OSは各エディションに32bit版と64bit版が存在しています。両者の大きな違いは増設可能なメモリ。Windows10の場合は32bit版ではメモリは4GBを上限として動作します。また、HDDの対応容量や動作するソフトウェアにも違いがあります。

32bit版OSと64bit版OSの違い
32bit版 64bit版
メモリ搭載可能量 4GB 16EB(実際には128GB)
HDD容量 2TBまで 2TB以上
動作可能ソフトウェア 32bitソフトウェアのみ

64bitソフトウェアと32bitソフトウェア

※一部の32bitソフトウェアは不可

ちなみに、Windows OS最新版であるWindows11は64bitCPUのみに対応しています。Windows11に関して詳しくは以下の記事でご説明しております。合わせてご覧ください。

情報処理の速度に関わる「CPU」

パソコンの演算能力に直結するのがCPUです。CPUにはインテル製とAMD製の2種類がメインです。インテル製はCoreシリーズとCeleronPremium Goldが代表的です。AMD製は、AMDシリーズとAthlonシリーズがあります。いずれも新しいものほど処理の速度が速い傾向です。 

CPUを選ぶときにチェックすべきスペックは、CPUのグレードとコア数、周波数です。CPUのグレードはハイグレードであればあるほど負荷が大きい作業を無理なくこなせます。 

コア数とはCPUが演算処理をするためのユニットの数のこと。コア数が多ければ多いほど、一度にたくさんの作業を行えます。周波数とはCPUが処理を行うときに発する信号を扱う速度のことをいいます。周波数の数字は高ければ高いほど性能が高いということになります。 

CPUについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、合わせてご覧ください 

業務効率に関わるメモリ

パソコンのメモリは、作業をする机、料理をする際のまな板の役割を果たします。作業するスペースが広ければ広いほど作業はしやすいので、結果としてパソコンでの作業の速さに直結します。パソコンがサクサク動作しなければ業務効率は低下します。パソコンで複数のアプリを立ち上げて作業することが増えた昨今では、メモリは非常に重要なスペックといえます。

メモリについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、合わせてご覧ください 

データを保存する「ストレージ」

ストレージとはデータを保存する場所のことです。現在は500GBから2TBのストレージが主流。データを端末ではなく、クラウドやサーバ保存している場合は大容量のストレージは必要ないケースもあります。自社のデータの保存先や扱うデータの種類によって、最適なストレージを選択しましょう。 

ストレージについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、合わせてご覧ください 

画面に映像を映し出す役割「グラフィックボード」

グラフィックボードとはパソコンのモニターに映像を映し出す役割を果たします。グラフィックボードには、映像を映し出すためのパーツが組み込まれています。その1つが「GPU」です。GPUの他にもメモリやファン、出力ポートが付属しています。このような独立したグラフィックボードがなくても、画面に画像を出力することは可能です。 

しかしながら、ハイクオリティな動画を閲覧したり、製図ソフトを制作したりする場合は独立したグラフィックボードが搭載されたパソコンのほうが快適に作業を進められるでしょう。 

GPUにについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、合わせてご覧ください 

作業スペースと画像の美しさに関係する「画面サイズと解像度」

作業のしやすさと眼の疲れ、出力される画像の美しさに影響するのが画面サイズと解像度です。 

画面サイズ

パソコンの画面サイズは「インチ」で表現されます。ここでいうインチとは画面の対角線の長さです。一般的なノートパソコンは10インチから16インチ。 

デスクトップパソコンは外部モニターを用意する必要があります。仕事で使用する外部モニターは21インチから32インチが一般的。そのパソコンで行う作業内容に応じてモニターの大きさを選択します。 

解像度

画面の解像度とは、モニターのドット数。4Kは3840×2160ですので、横に3840個、縦に2160個のドットが並んでいるということです。 

高解像度のモニターはイラストや写真の加工には必須です。バックオフィス業務や営業といった画像や動画を多用しない部署であっても、高解像度のモニターを使用することで目への負担が軽減し、快適に作業を行えます。 

グレアとノングレア

グレアとは光沢液晶のことをいい、ピカピカと輝く画面が特徴です。ノングレアには光沢がありません。グレアは鮮やかで美しく映像や動画の視聴に向いています。ただし作業環境にもよりますが、パソコンの前面に存在する蛍光灯や自身の顔等が映り込むことがありストレスに感じることもあります。 

ノングレアはグレアと比較すると画質が劣りますが、映り込みがほとんどないため目が疲れにくく長時間の使用に向いているといえます。 

スマホやカードリーダーをPCに接続するなら「ポート数と種類」も要確認

パソコンにキーボードやマウス、USBメモリなどを接続するために必要なのが、USBポートです。パソコンに接続する機器の数をあらかじめ把握して、その数を満たすポート数のパソコンを選びましょう。またUSBに規格には複数の種類があります。 

基本的には最新の物を選択しておきます。最新の物であれば下位互換があります。接続する機器とパソコン側のUSB規格は必ず合わせておきましょう。代表的なUSBコネクタの種類は以下の通りです。 

代表的なUSBコネクタの種類
名称 規格
USB Type-A  2.0/3.0/3.1 
USB Type-B 2.0/3.0
USB Type-C 3.1
Mini USB Type-A
Mini USB Type-B 2.0
Micro USB Type-A 
Micro USB Type-B 2.0/3.0

数字が大きいものが新しい規格となります。USB Type-AはUSBメモリやヘッドフォンなどで用いられており、頻繁に目にするものです。USB Type-Bはスキャナや外付けHDD、プリンタなどの接続に用いられることがあります。USB Type-CはMacbookやiPhoneなどのApple製品に使用されているケースが多いです 

「ドライブの有無」も要チェック

デスクトップパソコン、ノートパソコンを問わず、CDやDVDなどのディスクの読み取り・書き込みが必要であれば、光学ドライブの有無も確認しておきましょう。最近のノートパソコンは光学ドライブが搭載されていないものが増えています。 

また光学ドライブでもCDとDVDしか読み書きできないものと、CD、DVD、ブルーレイディスクまで読み書きできるものがあります。業務上必要なディスクの種類を把握した上で、対応している光学ドライブを選択しましょう。 

ただし光学ドライブはUSB端子で外付けが可能です。光学ドライブの使用頻度が低ければ、光学ドライブなしのパソコンを購入して、必要なときだけ外付けのドライバを使用してもよいでしょう。 

表で解説「うちの業務に必要なスペックは?」

各スペックの概要がわかっても、自社の業務内容に適したスペックの判断は難しいものです。ここでは各業務に必要なスペックをまとめてありますので、ビジネス用途のパソコン選びの参考にしてください。 

業務内容 OS CPU メモリ ストレージ  グラフィックボードに搭載されたメモリ量
一般事務/経理業務 Windows10or11 Corei3以上 8GB以上 256GB以上 指定なし
ITエンジニア Windows10or11 Corei5以上 16B以上 500GB以上 指定なし
WEBデザイン/画像編集 Windows10or11 Corei5以上 16B以上 1TB以上 2GB以上
動画編集 Windows10or11 Corei7以上 32GB以上 2TB以上 4GB以上
3DCAD設計・製図 Windows10or11 Corei7以上 32GB以上 2TB以上 8GB以上
ビッグデータ分析 Windows10or11 Xeonシリーズ 32GB以上 2TB以上 2GB以上
ディープラーニング Windows10or11 Xeonシリーズ 64GB以上 1TB以上 8GB以上

ドスパラプラスではスペックをはじめ、様々な視点から選定した業務別おすすめハードウェア/ソフトウェアを以下のページでご紹介しています。

合わせてご覧ください。

まとめ

パソコンに求められるスペックは業務内容によって大きく異なります。パソコンを買い換えるとき、新規で購入する場合、まずやるべきことはそのパソコンで行う業務の把握です。同じ部署内であっても作業の負荷が異なるケースもあります。 

一括して同じスペックのパソコンを購入するのではなく、各業務内容に応じた最適なスペックのパソコンを選ぶことで経費の削減にも繋がります。 

おすすめ商品

類似記事

購入のご相談・各種お問い合わせ

こちらは法人様向け購入のご相談・サポートのお問い合わせ窓口です。「パソコンのスペックと言われてもピンとこない」「このアプリを動かしたいんだけど」「こんなスペック・構成のパソコンがほしい」「わたしの業務にぴったりのモデルは?」
ご購入後に「購入したけどこんなことに困っている」
・・・などなど、お見積の作成はもちろん、製品や仕様のご相談、各種ソリューションサービスに対するご質問などなんでもお気軽にお問い合わせください。
※ご購入の前後でお問合せ連絡窓口が異なりますのでご注意ください

購入・お見積等のご相談

お急ぎの方、直接相談したい方

03-5294-2041

受付時間:平日9:00-18:00
FAX:03-3256-2532

sales_hq@twave.co.jp
その他のご相談方法はこちら

購入後のご相談

サポートのご相談、修理のご依頼

0120-892-324

受付時間:24時間 365日対応

お問い合わせフォーム
















お問い合わせ オンライン商談